デジタルサイネージが人の目を惹きつける理由とは

デジタルサイネージの技術を使った広告媒体と比較されるのが、紙の媒体を扱った広告です。


フルカラー印刷と言う言葉がありますが、扱えるインクに制限がありまして、紙の質によっても品質に差が生じてしまう事もあります。

つまり、映像による内容よりも、紙の媒体の方が、品質が悪くなってしまう可能性があります。

紙の媒体は、環境によって劣化をしてしまう可能性も持ち合わせます。この点におきましても、デジタルサイネージによって利用する映像の方が、人の目を惹きつける理由の一つとして挙げられるでしょう。

デジタルサイネージ情報探しのサポートをいたします。

デジタルサイネージによる配信内容は、動きのある映像のみではありません。

音声によっても伝える事も可能です。

人は、8割以上目からの情報によって様々な内容を処理していると言われているのです。

その処理内容の中には、必要な情報と不必要な情報を瞬時に振り分けています。


つまり、音声も加える事によって、情報に対する付加価値を高め、必要な情報として処理をしてもらう事を期待する事も出来ます。



現在のテクノロジーの中には、人の顔も認識できるシステムがあります。

デジタルサイネージの技術を利用すれば、どれだけの人数が広告に目を通しているのかの確認を行うシステムの構築も可能です。


つまり、あまり目の通されていない広告に対して、配信内容を自動で切り替えるシステムを作り上げれば、より人の目を引き付ける事も可能と言えるでしょう。

紙の媒体は、印刷を行う費用のみならず、張り替えるための人件費も重なります。


その点、デジタルサイネージは、映像としてのコンテツ制作のみでありまして、今後益々活躍の場を広げて行くと予測できます。

OKWaveに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。


Copyright (C) 2016 デジタルサイネージが人の目を惹きつける理由とは All Rights Reserved.